40代の独身女性が入るべき保険と入ってはいけない保険

保険

保険は基本的にコスパが悪い商品なので、本当に必要な保険以外は入らないほうがいいわ。そのお金を銀行預金に積み立てて、いざというときに使ったほうが、汎用性に優れているのよ。

保険のCMに出ている俳優さんのギャラ、広告を打つお金、保険会社の社員さんの給料、不正受給している悪人達の保険金、諸々含めて一般の保険加入者が全て払っている現実。

だからこそ入るべき保険は厳選するべきで、保険の営業の人の話をはいはい聞いてたらお金がいくらあっても足りない。守って貰うべき保険に殺されるなんてしゃれにならないわよ。

この記事では40代の独身女性が入るべき保険と入ってはいけない保険について書いていくわね。

死亡保障の生命保険は無駄の極み

子供がいないんだから生命保険に入る必要はないわ。基本的に家族を支える大黒柱が突発的な事故や病気などで亡くなるために備える商品が生命保険。

自分の収入がなければ飢える家族がいなければ、理屈的にも全く入る必要はなし。そんなお金があれば毎月定期預金に積み立てるとか、NISAに投資するとか、確定拠出年金で年金を増やすとか、他に回したほうがはるかにコスパがいいいからね。

40代の独身は葬式代とお墓のお金さえ貯めておけばいいと思うのよ。私は葬式はいらないし、お墓もいらないのだけどね。そこらへんは価値観の問題だけど、生命保険に入るか否かは、限られたお金を上手に運用するという観点からもオススメできないわね。

貯蓄があれば医療保険は入る必要はない

医療保険は基本的に入院することが前提条件なのよ。つまり入院しないと給付金が貰えないということになるうえに、入院日数自体が年々減っている現状を見ると、ますます割りが悪い商品ということになる。

せいぜい数万円から数十万円の給付金なら、自分の貯金で賄ったほうが断然いい。高額医療制度もある事を踏まえると、医療保険に入っていたよかったという状況は極めて少ない。それよりも自分で積み立てて、100万円程度の医療口座を作っておけば、いざというときに対応できるから有利。

ただ現状一切貯金がないけど、それなりの稼ぎがあるという方は、貯金がたまるまでの条件付きで保険に入るのも悪くないかもしれない。

そのような人でも、毎月貯金をして100万円の医療口座を作ってしまえば、全部解約したほうがいいわね、保険料がもったいないもの。

40代の女性がはいるべき唯一の保険「がん保険」

生涯におけるガンの罹患率は男性が62%で女性が47%と女性のほうが低いのだけど、40歳の男女が10年間でガンにかかる確率は男性が2%で女性が4%と2倍の数値が出ているのよ。

4%という数値をどうみるかは個人次第だけど、私は備えたほうがいいと判断するわ。その際いろいろな特約があるけど、絶対に入ってはいけないのは、がん無事故給付金。

一度ある会社で試算したことがあるのだけど、この特約は毎月1305円かかるのよ。3年間で46980円。癌にならなかったら、5万円貰えるから、3020円浮くと思いがちじゃない?

でも癌になったときは46980円が無駄になるのよ。そもそも癌保険って癌になったときのリスクに備えるためなのだから、健康なときのことなんて考える必要ないのよ。基本的に保険会社が儲かるって原則を忘れちゃ駄目。

投資じゃないのだから、保険で儲けようとしてはだめで、リスクに備えるという原則から外れた特約は必要ないということを覚えておくべきね。

がん入院給付金だけど、せいぜい5000円~10000円でいいんじゃないかしら。入院は差額ベッド代金が発生しない大部屋なら安いしね。

そして絶対につけておきたいのは抗がん剤治療特約かしら。抗がん剤は手術で患部を切除するのと併せて日本における最もポピュラーな癌治療。友達は月5万円くらいくらいかかっていたけど、闘病中に働きながら月5万円払うのはきつい。

基本的にはこの二つがあれば充分で、後の特約は必要ないでしょう。これなら月3000円程度で入れるので、いざというときのリスクに備える事と無理のない支払いとが両立できる。

先進医療特約とかつけたくなるけど、あれはべらぼうに高いからね。先進医療ができるほどのお金持ちはそもそも保険なんて入る必要ないでしょう。

少しばかり不謹慎かもしれないけど、癌で亡くなった有名人の方は大抵先進医療受けているんだけど、治らないものは治らないのよね。

一般人は保険がきく一般治療を受けながら、免疫力をつけて自分で治すというスタイルで対処するしかないので、先進医療特約はいらない。

保険は本当に必要なものだけ入ればいいので、いらないものを徹底的にそぎ落としたほうがいいわね。

基本的に自分の貯蓄で備えたほうがいい

貯蓄の優れているところは汎用性が高いと言うこと。例えば自分の家族が金銭的に困っていたりしたときに、お金を貸すことが出来るし、自己投資が必要になったりしたときにとても便利。

一方保険は汎用性が皆無であり、還元率でいうとコスパが悪い商品。だからこそ本当に自分にとって必要な保険だけを吟味する必要があるわ。

とにかく保険で儲けようとするのはNG。保険はリスクに備えるという一点のみを考えるべき。自動車の任意保険なんかもそうよね。

私には関係ないけど、お子さんがいる家庭なんかは自転車保険は絶対につけたほうがいいわ。子供って結構乱暴な運転をするし、高齢者の方をひいて、数千万円賠償金を払わなくちゃならなくなっニュース見たけど、そんなもの払えるわけないからね。

以上40代独身女性が入るべき保険と入ってはいけない保険についてでした。

タイトルとURLをコピーしました